テーマ:コミュニケーション

「人をほめる」

やさしい言葉は、たとえ簡単な言葉でも ずっとずっと心にこだまする。 マザー・テレサ(修道女) あなたが最後にほめてもらったのはいつですか。 どんなふうにほめてもらいましたか。 あなたはちょっとしたほめ言葉で 嬉しくなったことがあるほずです。 だから、今日、だれかを ちょっとしたほめ言葉で幸せにしてあげ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相手の行動・考え・意見は、賛成できなくても尊重する

人はみな素晴らしい。 たった1度出会っただけなのに、 2度と忘れることのできない人はおおぜいいる。 シイディ・ローパー(歌手) 世界にはいろいろな人がいて、その人たちみんなを好きになるのは難しいことです。 特に意見の合わない人を好きになるのは難しいことです。 でも、あなたはすべての人を好きにならなくてはいけな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「うそをつく前に、じっくり考える」

迷ったときは、真実を語れ。 マーク・トゥエイン(作家) うそをつくことが、本当のことを告げるより、 簡単に感じられ、その場しのぎの 小さなウソをついたことはありませんか。 そのときは、 問題をやり過ごすことができたり、 相手の感情を傷つけたりしなかったり、 と感じられるかもしれません。 でも、小さく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聞き上手でいる

従業員が話しやすい方法を考え、 すべての人の話に耳を傾けることが重要だ。 実際に顧客と接するのは販売の第一線にいる人たちだから、 現場で何が起こっているかを 本当によく知っているのは彼らだけである。 もし彼らが知っていることを聞きださなければ、 いずれ会社は大変なことになる。 サム・ウォルトン(アメリカの実業家) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コミュニケーションの達人になる

人と接するときは、 相手が論理の生き物ではなく 感情の生き物であることを肝に銘じよう。 デール・カーネギー(アメリカの著述家) 成功に不可欠の要素の1つに対人技術があげられます。 人間は感情の生き物です。 だからあなたが話す相手に重要感を与えるように工夫してください。 人はみな身分や地位に関係なく、 自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意見の対立を歓迎する

よいマネジャーは意見の対立を排除しようとしない。 上司が間違っているときに部下が堂々と異を唱えるのは、 健全な組織の証しだからだ。 ロバート・タウンゼント(アメリカの実業家) 意見の対立を受け入れて、それを成長の糧としてください。 論理にもとづいて意見の対立に前向きに取り組みましょう。 意見の対立を不快なもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人前で話すことを得意にする

あなたは人前で話すことが得意ですか? 人前で話すことができれば、まわりに人たちを説得し、 あなたの影響を与えることができます。 人前で話すことが得意な人は、 人々を指導し支援を取り付けることができます。 上手に話せるあなたに、人々は 感銘を受けて信頼を寄せます。 人前で話す技術を身につけて磨いてください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会話の技術を磨く

あなたのビジョンを達成する手助けをする1つが 「コミュニケーション」のスキルです。 あなたがビジョンを実現するためには、 周囲の人を巻き込むことや、説得すること、 などが必要です。 人との関係をつくることは、会話からスタートします。 魅力的な会話の達人を目指しましょう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more